Macでポート番号からどのアプリケーションで使ってるか判別

9000番ポートがすでに使われているという表示が出て、何で使ってるのかな?
という時に。

lsofを使ってポート番号→プロセスID(PID)

$ lsof -i:9000
COMMAND     PID    USER   FD   TYPE             DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
Code\x20H 58054 takepan   46u  IPv6 0x2ae0db34251140c3      0t0  TCP *:cslistener (LISTEN)

psでプロセスIDからプログラムを。

$ ps d | grep ^58054
58054   ??  S      0:01.07 /Users/takepan/Downloads/Visual Studio Code.app/Contents/Frameworks/Code Helper.app/Contents/MacOS/Code Helper --nolazy --inspect=3357 /Users/takepan/Downloads/Visual Studio Code.app/Contents/Resources/app/out/bootstrap-fork --type=extensionHost

これにより、9000番ポートを使用しているアプリケーションがVisual Studio Codeであることが分かりました。

カテゴリー: MacOS | コメントする

MacのTerminal

・ウィンドウが分割されたのを戻す

Command + Shift + D
カテゴリー: MacOS | コメントする

botocore.exceptions.NoRegionError: You must specify a region.

dynamodb = boto3.resource(‘dynamodb’, endpoint_url=’http://localstack:4569/’, region_name=’ap-northeast-1′)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

nginx

■構文チェック

nginx -t
カテゴリー: nginx | コメントする

xargs

docker volume lsしたらいっぱい出てきてゲンナリ……

docker volume ls

DRIVER              VOLUME NAME
local               19aeade2ab3dbdecfc751cb88a3cf480ce0fb12bdf7f1365c12abd85ddd72630
local               70d17c448d7d91e04d4f35616cb444fbd526da2d3ae53e7a3f30d38409488fc8
local               519b06ef3962bf8383f1b3d927983412d0e1fe5fbd9d25eb4aa5a340430e6fa5
local               793d1bcb62b24f3f146cae50ef28342c9a304356ac8d22a6452dbac2d704550c
local               52151c72a9f45738ab388f646faf7e2dbe57023ca7a9936649d09cd9ff72e8a3
local               b0501483d3e611b57c17eea4e86ffd34c4beb06145ca6b638136a33d66e79c28
local               c8cd22f5d2c5424f1d661a84dd11c79640cbd2f89b7780cfb8ae3205c4725156
local               c6890f5615214440b7fd0829f349ee2f347e4dbc48e1da4f54a666ca831eb788
local               d5de2bf04b44d2178c5f012697298c2494f914848da6490225404f07ec03f3e4
local               d64abfd0be4c820b60f031a5acb25e48f216c5c44d75c620b8cce189ccd5f1f7

明らかにテンポラリっぽいので削除したい……でもいちいち docker volume rm やるのはめんどくさい……
そんなときには xargs

[0-9a-f]で始まるボリュームを一括削除

docker volume ls | awk '{print $2}' | grep "^[0-9a-f]" | xargs docker volume rm
カテゴリー: Linux | コメントする

Docker volume

一覧

docker volume ls

削除

docker volume rm {VOLUME NAME}
カテゴリー: docker | コメントする

Laravel5いろいろ

production.ERROR: No application encryption key has been specified.

→ .envがない。または、.envのAPP_KEYが未設定。
php artisan key:generate
php artisan config:clear
dockerの場合は、コンテナの再起動も有効。

.envがないとき

.envがないときは、.envをtouchしただけではkey:generateしても何も変化が起こらない。
.envに

APP_KEY=

を書いてからkey:generateを実行する。
そうすると、APP_KEYが設定される。

カテゴリー: Laravel5 | コメントする

postgres

すっかり忘れてた。

・起動

・接続
ユーザをまだ作っていない段階。
UNIXユーザとしてpostgresユーザが追加されている。
UNIXユーザとしてのpostgresユーザのパスワードを設定する。

passwd postgres
su - postgres
psql

あれ?psqlだけで接続できるならパスワード設定不要だったのでは……

リレーション一覧 \d
ロール一覧 \du
データベース一覧 psql -l または SELECT * FROM pg_database;

CREATE TABLE weather (
postgres(# a int,
postgres(# b int
postgres(# );
CREATE TABLE
postgres=# \d
List of relations
Schema | Name | Type | Owner
——–+———+——-+———-
public | weather | table | postgres
(1 row)

postgres=# GRANT ALL ON weather TO atcoder;

create table atcoder.test (
ERROR: schema “atcoder” does not exist
「スキーマ」???

リレーション ≒ テーブル

postgres@bdn36nri:~$ psql -f /home/ubuntu/atcoder.sql atcoder
SET
SET
SET
SET
SET
set_config
————

(1 row)

SET
SET
SET
SET
SET
SET
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:33: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:45: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:60: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:73: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:85: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:98: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:110: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:123: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:135: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:148: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:161: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:173: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:186: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:198: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:211: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:223: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:235: ERROR: role “ubuntu” does not exist
CREATE TABLE
psql:/home/ubuntu/atcoder.sql:255: ERROR: role “ubuntu” does not exist
COPY 59858
COPY 3254
COPY 592
COPY 2943
COPY 894
COPY 2943
COPY 568
COPY 83039
COPY 788
COPY 232844
COPY 2824
COPY 0
COPY 2951
COPY 48240
COPY 2943
COPY 506
COPY 2943
COPY 5303433
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
ALTER TABLE
CREATE INDEX
CREATE INDEX

カテゴリー: PostgreSQL | コメントする

artisan関連

php artisan migrate:fresh
php artisan db:seed --class=SampleLocalDataSeeder
カテゴリー: Laravel | コメントする

PhpStorm(Mac)

  • 宣言に飛ぶ(Navigate→Declaration)
  • Command⌘ + B
    
  • ファイル検索
  • Shift⇧+command⌘+o
    
  • Grep検索
  • Shift⇧+Command⌘+f
    
  • 開いているファイルと左ペインの選択ファイルが一致
  • Project右クリック
     →Autoscroll from Source
    
  • 右端で折返し
  • PhpStorm
     →Preferences
      →Editor
       →General
        →Soft Wraps
         →Soft-wrap files: *
    
    カテゴリー: PhpStorm | コメントする