Vagrantのお引越し

分かりにくい……

vagrant package
でエクスポートする。package.boxというファイルができる。
他のマシンに持っていく。
vagrant box add henoheno package.box
で、ここで
vagrant box list
すると
henoheno (virtualbox, 0)
というのが出てくる。
vagrant init
すると、そのディレクトリにVagrantFileというのができる。

このファイルが、見事なまでにデフォルトのままなのだ。
config.vm.box = “base”
# config.vm.network “forwarded_port”, guest: 80, host: 8080
# config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”
# config.vm.network “public_network”
# config.vm.synced_folder “../data”, “/vagrant_data”
で、このまま実行すると「base」とかないんですけど、って怒られる。
外部からのWebページの確認もできない。ので、変更。
config.vm.box = “mokomoko”
config.vm.network “forwarded_port”, guest: 80, host: 8080
# config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”
# config.vm.network “public_network”
config.vm.synced_folder “c:\\lbn20150314”, “/var/www/html”
ディレクトリは\じゃなくて、\\でした。
とりあえずこれでちゃんと動いたので、メモ。

カテゴリー: Vagrant パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です